将来開業医になるためのキャリアプランについて

5674e986b802d2b690b961bfeaa3562e_m

勤務医として日々の業務に邁進しているドクターの中で、将来的に開業医を目指している方は「開業医になるためのキャリアプラン」を明確にしておく必要があります。

開業医になるためのキャリアプランニングについてお話しします。

 

開業医を目指すなら自己決定が重要

ここ数十年で医師のキャリアプランは大きな変化が生じています。

以前は医学部を卒業すればまず医局に属するのが当然で、組織の一員として流れに逆らわず身を任せているだけでよかった時代でした。

ところが、現代では医局に一度も属したことがないというキャリア形成も決して珍しくはなく、自己決定によって道を切り開くドクターが増加しました。

このように説明すると「では自己決定のみで突き進めばよいのか?」と勘違いされてしまいそうですが、そうではありません。

思うがままに行動することとプランに従って適切に自己決定していくことは全くの別物です。

明確なキャリアプランに基づいて「いつ自己決定を発動するのか?」をイメージしておきましょう。

 

大切なのは30歳代の過ごし方

卒業から6年以内の20歳代は吸収に労力を費やすべきでしょう。

医局に籍を置いて大学病院で後期研修医として勤務する、大学院へと進む、医局に属さず市中の病院で後期研修をおこなうといったキャリアプランが想定されます。

いずれの場合でも、知識・技能をどんどん吸収していくステップとなるでしょう。

最近では医局に属さない臨床志向が目立ちますが、一方で「医局は研修医を一人前に育てる教育システム」と捉える考え方もあります。

市中病院では指導医不在などで十分な教育ができないケースもあるので、周囲に流されず客観的に判断する必要があるでしょう。

もっとも大切なのは30歳代です。

専門医・認定医を取得し、体力と熱意にあふれた30歳代は、まさに開業前の最後のステップになります。

開業を考えている地域の拠点病院で勤務する、クリニックの分院で分院長としての勤務を経験する、一般内科を経験できる施設で勤務するといった選択がベストでしょう。

開業後に活きるネットワークの構築やクリニック運営のスキルを学ぶチャンスとなります。

また、あまりにも多忙であると開業準備に時間を割けられなくなるので、勤務時間をやや落とすといったワークバランスのコントロールも重要になってきます。

関連記事