徹底解説!動物病院の開業までの流れ

91e7ee06c0cc3d97367b4277ddafc500_m

将来的に独立・開業を意識しているという獣医師は「どうやって開業すればいいのか?」というプロセスをしっかりと意識しておく必要があります。

ここでは、動物病院の開業までの流れを解説します。

 

計画・調査を徹底する

動物病院の開業には、まずは具体的な開業計画を策定する必要があります。

計画の策定には全体的な流れを知っておく必要があり、必要な期間や具体的な開業時期を決める必要があるので、開業コンサルタントと綿密な打ち合わせを繰り返すことになります。

計画の策定において重要となるのが「調査」です。

同一地域内に競合する動物病院があるのか、動物病院のニーズは十分にあるのかといった診療圏調査を徹底したうえで開業地を選定する必要があります。

 

事業計画と資金計画の策定

開業計画に具体性を持たせたら、次は事業計画の策定に移ります。

事業計画とは、事前の診療圏調査の結果をもとに経営をシミュレートして、実際に経営に移った場合どのくらいの売り上げが期待できるのか、利益はどのくらい見込めるのかといった予想を具体化したものです。

見通しの甘い読み違えた事業計画を立ててしまうと、いざ開業して「思ったように収益が伸びない」といった事態に陥ってしまいます。

事業計画と同時進行で具体的に策定するべきなのが資金計画です。

動物病院を開業するためには、自己資金の用意だけでなく金融機関からの融資を受ける必要があります。

融資してくれる金融機関を探す際には、提示する資料として事業計画が必須となります。

資金計画は、テナントの家賃や病院の建設費用、動物病院の仕様にするための工事費、医療機器の購入・レンタル費用、そのほかの設備費用などの総額に照らして、自己資金と融資額の比率や返済計画などを具体的に示すことになります。

 

スタッフの確保と宣伝

事業計画・資金計画が具体化し、融資してくれる金融機関が決まれば、動物病院の開業は一気に加速します。

このころから、獣医師・アシスタントとなる獣看護師・受付や会計などの事務スタッフの募集を始めることになります。

また、スタートダッシュを決めるためには、開業に先立って宣伝対策を考えておく必要があります。

広告の作成・頒布とあわせて、優良なコンテンツを掲載したホームページを開設しましょう。

 

これらの事前準備を進めた後に、晴れて待望の開業の日を迎えます。

獣医師としての勤務と並行しながらでは大変なプロセスなので、開業実績が豊富なコンサルタントのサポートが必須となるでしょう。

関連記事