【診療科目別】医院開業に必要なテナントの広さまとめ

c2207037a011e694663395652d71b653_m

医院開業の際には、診療に必要十分な広さを備えたテナントを探すことになります。

そして、医院における「必要十分な広さ」とは、診療科目によって異なります。

医院開業に必要なテナントの広さについて、診療科目別にまとめてみました。

 

<主な診療科目と必要なテナントの広さ>

ここでは、主な診療科目別で必要なテナントの広さを挙げていきましょう。

まず「内科」は、35~50坪程度が理想です。

特に内視鏡検査を実施する予定があれば50坪は確保しておきたいところでしょう。

「整形外科」では、比較的にコンパクトでも60坪前後は必要です。

リハビリ室を設ける場合は70~100坪は必要となり、さらに1台につき500kg程度の機器類の重さに耐えるだけの構造が必要となります。

小児科は30~40坪程度が必要です。

小児診療という特性上、隔離室を設ける必要がある点に留意が必要です。

また、X線室を設備する際は最低でも35坪は必要になると考えておきましょう。

脳外科では、60~70坪以上が必要となります。

CT・MRIなどの大型の医療機器の設置を要するうえに、X線の防護工事も必要となるため、広いテナントであることは絶対条件となります。

大型の医療機器の重量に耐える床であることも考慮しておきましょう。

 

<比較的コンパクトなテナントでも可能な診療科目>

眼科はコンパクトなテナントでも開業可能な診療科目のひとつですが、やはり30坪以上、理想をいえば40坪は欲しいところです。

手術室を設ける場合、50坪程度は必要でしょう。

耳鼻咽喉科も同じく30~40坪程度が理想です。

あまり大がかりなテナントを必要としないイメージがある耳鼻咽喉科ですが、花粉の飛散時期となる年末から春先までの間は来院者が激増するため、広めの待合室を確保しておくべきでしょう。

皮膚科もコンパクトな開業が可能で、25坪以上あるテナントなら十分に開業可能です。

レーザー治療をおこなう場合は、30坪以上が必要になります。

心療内科は大がかりな機器を要しないため極狭テナントでも開業可能ですが、来院者に圧迫感を与えない、ゆったりとしたスペースを確保するなら、30~35坪程度を目安にすると良いでしょう。

 

ここで紹介したテナントの広さは、あくまでも一般的な例です。

ドクターのコンセプト、提供する医療などによって必要な広さは変化するため、実際にテナントを決める際には開業コンサルタントのアドバイスを受けるのが賢明でしょう。

関連記事