居抜き物件で開業する際のメリットとデメリット

50732b08bd85d778b468ddfb9c14fbcc_m

飲食店の開業では「居抜き物件」が好まれます。

厨房施設や客席などをそのまま活用できるため、手続きさえ済めばすぐに開業できるというメリットがあるからです。

これと同様に、医院開業でも居抜き物件が好まれることがあります。

居抜き物件で開業する際のメリット・デメリットを解説します。

 

<居抜き物件で医院開業するメリット>

医院の居抜き物件の多くは、前任ドクターの引退によって生まれます。

高齢による引退のほか、珍しい事例ではドクターが海外留学によって閉院したというケースもあります。

また、望ましいことではありませんが、図らずも経営困難の末に閉院したという理由から、居抜き物件となることもあるでしょう。

居抜き物件は、医院として運営するための基本的な設備が揃っています。

医療機器がそのまま残されていれば、高額な機器を購入・リースする手間と資金が省けるというメリットがありますが、さらに大きなメリットは、給排水などの設備工事が完了しているという点です。

テナント物件で医院を開業する場合、床・天井の工事が必要になります。

特に床の給排水工事は大がかりな工事となるため、すでに床工事が完了していることは最大のメリットとなります。

資金面でのメリットも強力ですが、すでに前回の開業時に保健所の検査を通過しているため、そのままの設備でも検査に通過しやすいという点は、開業を目指すうえで非常に心強いでしょう。

 

<居抜き物件で医院開業するデメリット>

居抜き物件で医院開業をすることは、大きなメリットがあります。

ただし、ゼロからの設計ではなくなってしまうため、ドクターの思いどおりにはレイアウトできない、古めかしい印象を感じてしまうといったデメリットがあります。

また、近隣地域には以前の医院の印象が残っているため、以前の医院の評判が悪ければ、マイナスイメージを背負っての開業になってしまいます。

看護師のほか、スタッフも引き続き雇用するかたちでの開業になれば、以前のドクターの方針が影響して思いどおりの運営ができなくなってしまうというリスクもあります。

メリット・デメリットを十分に理解したうえで、居抜き物件での開業を検討しましょう。

関連記事