院長と事務長を区別して独立しよう

f7250155da6cdc8ef1e590a6122b9680_m

クリニックの院長は、ひとりでドクターと経営者の両役を果たす必要があります。

さらに、院内の事務的なとりまとめまでもが院長の肩にのしかかるのですから、多忙を極めるのは間違いありません。

そこで院長の業務を強力にサポートするのが「事務長」の存在です。

 

<事務長の役割とは?>

クリニックにはさまざまなスタッフが勤務していますが、大きく分ければ医療的なスタッフと事務的なスタッフに二分されます。クリニック内でもっとも活躍するのはやはりドクターや看護師といった医療的なスタッフですが、クリニック経営を支えるのは事務的なスタッフです。

そして、医療的なスタッフと事務的なスタッフの橋渡しをするのが事務長です。

事務長は、スタッフ間の人間関係・患者からのクレーム対応・出入りの業者とのやり取りなど、院内・対外的な場面で院長と同等の役割を果たし、クリニック全体の調整役として活躍します。

さらに、事務長は経営者としての院長をサポートする右腕としても機能します。

集患活動の計画や患者への満足度のリサーチ、スタッフの人事・労務管理のほか、収支や事業計画も把握しているのでクリニック全体の財務にも精通しているのです。

事務長は、院長のサポート役にして、院長と同等の役割を果たす重要な立場だといえます。

 

<院長と事務長を区別するメリット>

スタッフの数に限りがある個人経営のクリニックにとっては、事務長のポストを用意すること自体が悩ましい問題かもしれません。しかし、クリニックを開業して健全な経営を目指すのであれば、開業段階から事務長を配置するべきでしょう。

事務長を配置していれば、開業まもない多忙を極める時期に、院長がドクターとしての責務に集中できるという大きなメリットがあります。開業当初はとくにトラブルが発生しやすいタイミングです。思わぬトラブルが発生し、そのたびに院長が解決に手間をとられていては、ドクターが診察に集中できなくなるのです。

思い切って事務長を配置し、院長の業務負担を軽減することで、開業当初のクリニック運営・経営は驚くほどに安定します。開業を計画中のドクターは、院長と事務長の業務を区別して計画を練るようにしましょう。

関連記事