医院開業するならオンライン診療を取り入れよう

3193039_s

オンライン診療はビデオ通話をはじめとしたオンラインシステムを利用した診療方法で、遠隔診療とも言われるものです。

 

オンライン診療を上手く使うことができれば、患者さんからの満足度も上がるため、これから医院開業するのであれば、積極的に取り入れることをおすすめします。

 

 

<オンライン診療のメリットとは?>

 

オンライン診療は平成30年度に診療報酬改定で保障が適用されるようになったことで、より多くの医院が取り入れやすい診療方法になりました。

そんなオンライン診療のメリットはいくつかありますが、主に以下のようなメリットを挙げることができるでしょう。

 

1.往診時間を短縮することができる

2.継続的な診察を行いやすい

3.待ち時間の解消

 

また、オンライン診療のメリットは医院側だけではなく、患者さんにもあります。

 

例えば、

1.豪雪地域で移動が困難など、天候に左右されない

2.何かあったときに、すぐ医師に相談できる

3.通院時間や長い待ち時間を過ごす必要がなくなる

4.交通費不要

 

患者さん側にはこのようなメリットがあるので、患者さんファーストを目指す医院であればオンライン診療は最適です。

 

<オンライン診療は日本の高齢社会に適している>

 

 

オンライン診療は患者さんが自宅で医師と繋がることができるため、医院に足を運ぶのが困難な高齢者に適している診療方法です。

 

日本では高齢化が進んでいることもあり、オンライン診療の需要はこれからますます増えていくでしょう。

また、すでに海外ではオンライン診療が当たり前に導入されているので、5年、10年という近い将来、日本でも多くの医院がオンライン診療を取り入れる可能性があります。

小さな子どもを育てている家庭や、移動が難しい高齢者など、移動に制限がある人ほどオンライン診療は最適な診療方法の一つになるでしょう。

 

<まとめ>

 

いかがでしたか?

オンライン診療は高齢者や小さな子どもを育てている家庭など、移動が困難な人ほど助かる診療方法と言えます。

そのため、これから医院開業を目指すという人は、通常の診療方法に加えて、オンライン診療の導入を検討すると良いでしょう。

関連記事