【開業医必見】医師採用の方法まとめ

3050798_s

昨今、医師の人材不足が叫ばれており、多くの病院が良い医師を獲得しようと行動しています。

そのため、医師を採用するための競争率が高く、開業医が医師を採用するのは簡単ではありません。

そこでここでは、開業医必見の医師採用の方法についてご紹介します。

 

<医師の採用方法は人材紹介だけではない>

医師を採用しようと行動をはじめた場合、人材紹介が有効な手段として用いられてきましたが、現在は採用方法が多様化しています。

例えば、自院のホームページで求人情報を掲載したり、ハローワークに掲載したりするなど、その方法はさまざまです。

自院のホームページやハローワークでは「医師の採用に繋がらないのでは?」と疑問視する声もあるかもしれませんが、どちらも費用がかからないため、利用しておくだけでもプラスと言えます。

また、より医師の採用に繋がりやすい方法としては、雑誌や法人サイトなどの有料求人媒体で募集する方法や、院内で働いている職員に紹介してもらうという方法があります。

もちろん、はじめに挙げている人材紹介という方法もおすすめです。

医師は病院が取り合っている人材になるので、開業医が良い医師を採用するためには、多くの求人媒体を利用するということが近道になるでしょう。

 

<医師を採用するための方法はケースバイケース

前述では医師を採用する方法について触れていますが、医師を採用するための方法はケースバイケースであると言えます。

例えば、前述で挙げている雑誌や法人サイトなどの有料求人媒体を利用した場合であっても、医師が必ず見つかるというわけではありません。

反対に、ハローワークから医師を採用することができたというケースもあるでしょう。

ただし、転職したい医師が有料求人媒体を見る確率は高く、ハローワークに足を運ぶ医師が少ないというのも考えられます。

そのため、医師を採用する上で一番適している方法というのは一概に言うことができません。

 

<まとめ>

いかがでしたか?

医師を採用するための方法に最適と言えるものはなく、なるべく多くの求人媒体などで募集をかけることがポイントになってくるでしょう。

また、同期や先輩医師から人材を紹介してもらったというケースも少なくないので、まずは周りの知人に相談してみるのもおすすめです。

関連記事