開業医が気をつけるべき確定申告の注意点とは

3151660_s

開業医の先生方は勤務医の先生方とは異なり、自分で確定申告をしなければなりません。これは1年間に稼いだ分の収入に対して所得税を払うために行います。

これを正しく行わないと、いわゆる脱税という問題に発展してしまうでしょう。

ここでは、開業医が気をつけるべき確定申告の注意点についてご紹介します。

 

<開業医と勤務医との違いは?>

病院で働いている勤務医の先生の場合、自分で所得税を計算して税務署に行くというのはとても大変で面倒です。

そのため勤務先の病院が勤務医の先生に代わって所得税を計算します。これがよく耳にする年末調整になります。

確定申告の対象になるのは、「個人事業主である」「給与収入が2,000万円以上である」「給与を2カ所以上から受け取っている」に該当する人々です。

開業医は勤務医と異なり個人事業主に該当するため、確定申告が必要になります。つまり開業医の先生方は所得税を自分で計算し、税務署に提出しに行かなければなりません。

もしくは、税理士さんに依頼して確定申告を行う必要があります。

 

<確定申告に用意するものは?>

所得の計算は結構複雑です。端的に言うと、1年間の収入から必要経費を引き、さらに配偶者控除や社会保険控除などの所得控除額を引いた上で、算出された所得額に定められた税率を掛けるといったものになります。

確定申告には「白色申告」と「青色申告」がありますが、おすすめできるのは「青色申告」です。

「青色申告」は、「正規の簿記の原則」という方法で記帳を行い、貸借対照表と損益計算書という財務諸表も作成して確定申告の時に一緒に提出しなければなりません。

方法としては青色申告の方が面倒ですが、実際は所得税の青色申告特別控除など、いくつものメリットがあります。青色申告決算書には4種類の様式がありますが、開業医では一般用様式を使うと良いでしょう。

また、期間内に確定申告を行わないとペナルティがある点にも注意が必要です。もし期間内に確定申告が間に合わなかった場合は、無申告加算税や延滞税が追加されます。

さらに青色申告特別控除(65万円)が受けられなくなったりもするので注意が必要です。

 

<まとめ>

いかがでしたか?

開業医の場合、勤務医とは異なる確定申告になる点に気をつけるようにしましょう。

また、税理士さんにお任せするという方法もあるので、税理士さんを雇用して確定申告を乗り切るという方法もアリです。

関連記事