クリニックの名前を考える際に気をつけたいポイント

クリニック名

集患にも差が生まれる?クリニックの名前

開業を検討しているドクターは、すでにクリニックの名前を決めていたり、いくつかの候補を挙げて比較していることでしょう。
そんなドクターは、ここでちょっと立ち止まってもう一度自分が決めたクリニックの名前を見直してください。
クリニックの名前を安易なものにしていませんか?
実はクリニックの名前は集患効果に大きな差をもたらすのです。

 

例えば、あなたが『佐藤』ドクターだとします。
何のこだわりや理由もなく、安易に『佐藤クリニック』や『佐藤医院』などの名前にしていればぜひ再考をオススメします。
ここで『佐藤』を平がなで『さとう』にすると印象が変わることに気づきますか?
『さとうクリニック』なら少しイメージが柔らかくなりましたね。
佐藤ドクターの診療科が産婦人科だと、カンタンに決めてしまえば『佐藤産婦人科』ですが、重々しさを払拭するなら『さとうレディースクリニック』もいいですね。
このように、単純に「名字+クリニック・医院」でも表記方法や呼び方を変えるだけでイメージがガラリと変わります。

 
また、専門性の高さをアピールした名前もオススメです。
例えば『田中小児科』よりも『田中こどもアレルギークリニック』のほうがクリニックの専門性が明確で「子どものアレルギーに悩んでいるならココだ」というイメージが分かりやすく伝えられますね。
同じ診療科であっても、患者に専門性の高さが伝わる名前のクリニックのほうが集患効果も高くなります。

クリニックの名前を決める際には、患者の立場になって「このクリニックのドクターの診察を受けたい」と感じる名前をつけたいものです。

インターネットで検索されやすいクリニック名を意識する

 ネットで検索

今や、インターネットがクリニック選びの最もメジャーなツールになっているので、クリニックの名前は「インターネットで検索されやすい名前」を意識することが重要です。

 
例えば『クリニック』なのか『医院』なのかを比較する場合、インターネットで検索されている件数を調べるとクリニックの検索数のほうが優っています。

 
また、先ほどの『田中こどもアレルギークリニック』のように、インターネットで「子ども アレルギー」と検索した場合に的確にヒットしやすい名前をつけるのも有効です。
名前に地名をいれて『◯◯駅前クリニック』とするのも、地名からのヒットを期待できます。

 
インターネットは今や最も集患効果が高いツールですから、検索するとヒットしやすい名前にすることも意識しましょう。

関連記事