院内スタッフ間のトラブルに気をつけよう

対立する女性

クリニック内のスタッフ間トラブルはつきもの?

 

クリニックは特に人間関係が難しい職場だと言われていることはご存知でしょうか?

せっかく新人スタッフを採用しても定着率が悪いのでスタッフにヒアリングをおこなうと、実は開業当初から続いている古参スタッフが新人イジメをしていたというケースはよくある話。

また、ドクターが特定のあるスタッフにばかり優しく接しているなどとウワサされてしまい、そのスタッフに圧力がかかるという女性特有のトラブルも目立ちます。

さらに、複数の古参スタッフが存在するクリニックでは「私は◯◯さん派」のような派閥争いで人間関係が混乱することもあるようです。

 

スタッフ同士の人間関係のトラブルは、クリニックの日常的な業務に障害をもたらし、人事的な障害ももたらし、ひいてはクリニックの円滑な運営を阻害する結果に陥ります。

スタッフ同士のトラブルが慢性化しているクリニックでは、患者に対するスタッフの態度も粗雑になり、患者離れを引き起こす原因ともなります。

クリニックの経営者であるドクターとしては「人間関係のトラブルはつきもの」と余所目になっていては解決につながりません。

すでに起きているトラブルの解消や、予見されるトラブルの防止に対して積極的な介入が求められます。

 

スタッフ同士のトラブルはドクターに原因があることも?

医師と看護師対立

経営者であるドクターにとっては頭の痛いスタッフ同士のトラブル

ところが、スタッフ同士で巻き起こるトラブルの原因は、実はドクターにあったというケースも多いので要注意です。

例えば、新人スタッフへのイジメ問題を掘り下げてみれば、新人スタッフの育成を全て古参スタッフに任せっきりにしていたことが原因であることもあります。

特定のスタッフへのひいきは、間違いなくドクターに原因があります。

もし「ひいきなどしていない」という場合でも、他のスタッフにそのような誤解を招く言動があったことは否定できないし、ひがみなどであったとしても不公平感を抱かせてしまったドクターに原因があります。

古参スタッフ同士の派閥争いは、ドクター自身のリーダーシップ不足が原因で古参スタッフが増長してしまったと言えるでしょう。

スタッフによるトラブルを解消するのも、防止するのも、ドクターの立ち振る舞い一つです。

ドクターがクリニック内の人間関係などを深く観察し、細かなヒアリングなどを重ねて実施することでクリニック内のスタッフ同士のトラブルは限りなくゼロに近づくのだと認識しましょう。

関連記事