医療法人設立によるメリットとデメリットとは?

メリット・デメリット

患者さんや地域の人の信用も高くなるイメージのある医療法人設立ですが、メリットもあれば必ずデメリットもあります。

設立前に良い面と悪い面の両方を見ていきましょう。

 

医療法人設立のメリット

メリット

個人での事業の場合、所得が高くなると所得税・住民税に高い税率がかけられてしまいますが、医療法人として法人化することで税率が一定になります。

また親族に理事として医療法人に参加してもらえば役員報酬が家族にも発生します。

さらにお給料として医療法人から報酬を支給されるので給与所得控除も受けられるようになります。

このように経営が上手くいけばお金の面でメリットがいろいろあります。

また個人で経営していた場合は院長が死亡してしまうと閉院せざるを得なかったり、継承や相続するにも相続税が必要であったり問題が多く発生します。

しかし、医療法人ではそのような場合でも、理事長を新たに選ぶことで事業を何代にもわたって継続することが出来るようになるので相続の面でも安心です。

さらにこのように事業が継続するので患者さまや地域の人からの信頼が増していき、銀行からの融資も受けやすくなり、設備投資や資金調達もしやすくなることも大きなメリットとなるでしょう。

医療法人設立のデメリット

デメリット

医療法人設立では、毎年事業報告書等や監査報告書等の資料作成が必要になります。

報告書等の作成はかなり正確に込み入ったものの提出が必要となるので、基本的には税理士に依頼することになるので、その費用が必要となります。

また社会保険に強制的に加入することが必要となるので、従業員の保険料の半分が会社側の負担となります。

従業員の人数が多くなってくると特にかなりの負担額になってくることが考えられます。

 

また個人経営では交際費として上限がなく経費で認められていたものが、医療法人では一定額以上を超えると経費として算入できなくなります。

 

成立の段階の話にまた戻りますが、そもそも医療法人を設立するには膨大な資料をそろえて正確に作成することが必要なので相当の時間と経費と労力がかかることも覚悟が必要です。

 

おわりに

医療法人設立をすると信用や安定を得ることが出来るのは何にも代えがたいことです。

しかし設立してからも、やはり細かな手続きや経費が増える覚悟は必要でしょう。

それを覚悟したうえでもメリットはありますので、デメリットも理解した上で、医療法人設立を目指しましょう。

 

関連記事