人気の歯医者さんは内装が鍵!?おさえるべきポイント

歯医者

歯科医院の集患は内装で決まる?

患者の立場になって考えた時、患者はどのような基準で歯科医院を選んでいると思いますか?

自宅や通勤経路にほど近い、通う回数が少なくてすむ、無痛で評判であるなど、歯科医院を選ぶ際にはいろいろな要素があります。

歯科医院の開業を検討しているドクターにとっては、患者が歯科医院を選ぶ基準は関心が高いところですね。

一般的に「痛い」というイメージがつきまとう歯科医院は、患者がリラックスして治療を受けることができる環境づくりが重要です。

歯科医院は他の診療科目と比べると院内の雰囲気が果たす役割が大きく、歯科医院にマッチした内装をセレクトすることは「落ち着いて治療が受けられる」という評判にもつながります。

歯科医院の内装セレクトは集患施策において大きなポイントになるという理解が必要です。

 

集患の鍵となる歯科医院にオススメの内装とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歯科医院の内装は、シンプルなものが好まれます。

壁紙は清潔感がある白色や、淡いブルー、グリーン系の色調が患者にリラック感を与えます。

患者が最も長い時間を過ごすことになるのが待合室です。

待合室は治療への不安が沸々と込み上げてくる場所なので最も気を使いたいところです。

人気の歯科医院では、待合室にポピュラーな長椅子を排除して1人掛けのソファータイプの椅子を設置し、椅子と椅子の間には磨りガラスのパーテーションを設置しているところがあります。

ゆったりとしたスペースを確保し、他の患者の目に配慮することで、治療までの待ち時間をリラックスして過ごしてもらうことができます。

人気の歯科医院でよく導入されているのがキッズスペースです。

子連れでも気兼ねなく受診できるので主婦層が安心して受診することができ、歯の治療を嫌う子どもの受診にも役立ちます。

診療台に座って本格的な治療を受ける前にカウンセリングルームで問診をする歯科医院の人気も高まっています。

独特な診療台や専用器具を見ただけでも物怖じしてしまう患者が多いので、リラックスした環境で治療方針などの説明をすることで、治療への恐怖心を取り除く効果が期待できます。

カウンセリングルームは白や淡い色調の柔らかでシンプルな内装を施し、ゆったりとしたチェアを用意して、治療器具類を置かないのがベストです。

集患に成功している歯科医院は必ず内装にドクターのこだわりを盛り込んでいます。

歯科医院の内装を検討中のドクターは、人気の歯科医院が導入している内装の工夫を参考にしてみましょう。

 

関連記事