開業後すぐに経営を安定させるための集患方法

患者

医者として独立できる経験を積んできたからこそできた開業。

今まで忙しかったイメージのまま、自然と患者はくるものだろうなどと、今まで経営に関わってこなかった場合は、思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、開業後すぐに自然に患者が集まってくれるなどということは実際にはないのです。どのようにすれば集患が出来て、経営が安定するのかについて見ていきます。

開業後すぐに集患できる方法

物件

クリニックを建てる場合は思い入れのある土地などに開業する場合なども多いのですが、開業後の集患に大きく関わっているのが場所であることもよく考えて開業をするべきです。

内科などはすでにかかりつけのある場合が多いので、なかなかかかりつけを変えてもらうのはハードルが高いのですが、そのかかりつけが自宅からある程度距離がある場合は、変えてもらえる可能性があります。

また、近くにあまり同じ科の病院がないような場所で、予約システムなどを導入して通いやすいメリットを作れば、丁寧で的確な診療をすることで、口コミも獲得していき、安定的な集患につなげていくことが出来ます。

その場合においても開業前に良さそうな病院と思っていただけるように、ポスティングなどをしたうえで内覧会を何日か行う、ロビー活動と呼ばれる先生が地域の方と顔を合わせる機会を積極的に持つなど、努力も必要です。

また今の時代大切なのは行きたいと思えるようなホームページをきちんと作成することです。

自分で見ても行きたいと思えるようなホームページを作成することを心掛けるようにしましょう。

 

開業後すぐ集患することの大切さ

集患

一旦開業してみると、診察に加えて経営についても日々考えなくてはならなくなります。
そこで患者に来てもらえないと、経営が心配になり、広告費もかけるのが厳しくなるため集患もあまり出来なくなるという経営の悪循環に陥ります。
そんなことにならない様に、開業前に広告費を確保して、集患が出来るようにきちんと動いておけば、開業後は上手く経営していくことが出来ますし、更なる宣伝、集患へとつなげていくことが出来るのです。

おわりに

開業後すぐに集患できるということがいかに大切かについて見てきました。開業後に後悔しないためにも、きちんと事前に有効な宣伝活動を必ず行う様にしましょう。

 

関連記事