優秀なスタッフ採用にも有効?福利厚生の重要性

smiling female doctor with stethoscope

最近、優秀な人材を確保するために福利厚生を充実する企業が増えているのをご存じでしょうか?

面接の時に福利厚生についての質問も増えているといわれています。

今回は、クリニック開業に際し、福利厚生の重要性についてご紹介します。

 

福利厚生とは

健康保険証

福利厚生とは、企業が給与とは別に従業員に支払う報酬をいいます。

また、従業員だけでなく、従業員の配偶者や家族なども対象となる場合があります。

従業員のモチベーションを高めるほか、従業員の精神的、経済的なサポートを企業が行うことで定着率をあげる目的が多いようです。

また、福利厚生には、健康保険や雇用保険など法律で義務付けられていて企業が保険料を負担する「法定福利」住宅手当や交通費、家族手当など法定福利とは別で企業が負担する「法定外福利」のふたつがあります。

 

福利厚生の種類

育児・介護休業法の改正

一般的に知られている福利厚生は、主に3つあります。

一つ目は、家賃補助や社宅など住宅の補助をして経済的にサポートする福利厚生です。

家賃補助の場合は、 会社から何Km圏内など一定のルールを決めている企業が多いようです。

ふたつ目は、健康診断や従業員のメンタルケアなど医療や育児、介護など従業員のワークライフバランスを大切にした福利厚生です。

三つ目は、資格講座の受講費用の補助や研修制度など従業員のスキルアップをサポートする福利厚生です。

ほかにも誕生日休暇などの特別休暇の充実もあります。

 

福利厚生を重要にするメリットと重要にしないデメリット

笑顔のナース タブレットコンピューター

企業が福利厚生を整えるメリットは、どこにあるのでしょうか?

それは、優秀なスタッフの採用がしやすくなることでしょう。

また、従業員のモチベーションも上がり定着率もあがります。

仕事の効率もあがります

ほかに従業員を大切にする企業というイメージがつき信用性がアップします。

それに対し福利厚生がないと離職率があがり優秀な人材の採用が厳しくなりやすいとも言われています。

同じ仕事内容で同じ給与であった時に比べられた場合、どうしても不利になってしまいます。

従業員を大事にしてくれないというイメージもあり、クリニックのイメージがさがる可能性があります。

このように福利厚生を整えないと企業としてのデメリットは大きいといえます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、福利厚生の重要性についてご紹介しました。

福利厚生を整えると優秀なスタッフの採用に有効であることは明確です。

しかし、働くスタッフや企業にあった福利厚生でないといけません。

企業にもスタッフにもやさしい福利厚生の導入を考えましょう。

関連記事